専門学校と大学の違い

看護師の養成機関の約8割が看護学校、いわゆる専門学校になります。専門学校は、実習と座学を行い卒業前には国家試験を受験します。
そして、国家試験に合格すると看護師になる事が出来ます。専門学校は、3年制、大学の場合は、4年制になります。
専門学校では、医療の基礎知識の勉強と現場での実習を行います。また、看護実習では実際の患者さんを相手に行います。
専門学校と大学の違いは、カリキュラムや長期休暇の期間などがあります。
また、大学では専門学校では習わない高度な授業があります。より専門的に学ぶのです。
専門学校では、実習を行うごとにレポートの課題があります。座学では、国家試験の内容を学習するため日々の積み重ねになります。
このように専門学校でも大学でも、やる事がたくさんあります。そのため、講義の内容はかなり高度な内容です。このように専門学校や大学に入学すると毎日が忙しい日々になります。また、学校では在学中に個々に合わせて様々な資格を取得する事が出来ます。
自分が行きやすい学校を選び、立派な看護師になることが大切だと思います。病院に配属されると業務に慣れるまでは、夜勤はほぼありませんが業務になれると夜勤のシフトに組み込まれることがあるようです。大学と看護学校では、現場に出ると多少なりとも差が出ます。それは専門性によるものです。看護師としてキャリアを積みたい方は、大学に進学すると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です