看護に関する学校について

看護師になる為には最低限看護に特化した学校をでていなければ資格取得はできないようです。では、この看護に関する学校にはどのようなものがあるのでしょうか。学校の種類について紹介して調べて見ました。
まずは一般的なところで看護大学があります。ここでは基本的に4年制が一般的です。看護の基本となる看護学や、人の年齢別での違った看護の方法、地域ごとの看護学、今はやりの在宅看護の勉強等があるようです。机上での学習だけでなく、実際に現場に出向いての実習等ももちろんあります。病院や保健所での実習がメインとなっているようです。
次に挙げられるものが、看護短期大学です。この学校は基本的に2年制が多く、後で述べられますが、看護専門学校より実習に割く時間が少ないそうです。この学校の特徴は看護師の資格取得に特化した学校で、教える先生もかなり実践的な講義内容だと聞いたことが有ります。
次に挙げられるものとして、看護専門学校があります。この学校の最大の特徴は実習に割く時間の多さです。実習が開始される前までに必要な知識の習得を講義中心で学びます。その後、最後の一年間は全て実習に充てられるそうです。
この実習ですが、臨床状況を事前に調査することから始まり、看護の計画を効率よく治療出来ることを目安に組み立てて、次から次へとプログラミングされていきます。ここでは看護師の資格が必ず取得できるように万全の体制で臨むようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です